業務用エアコンでお困りの方
HOME > 業務用エアコンでお困りの方 > 点検の義務化が決定 

2015年4月フロン排出抑制法の施行により、業務用冷凍空調機器をご使用の場合、
点検が義務化されました。一定容量以上の機器は、有資格者による点検が必要と なります。

点検対象機器

第一種特定製品(冷媒としてフロン類が充填されている機器を指します)

管理者(ユーザー)様が取り組むこととして

以下の4項目をご案内します。
点検種別 対象機器 電動機
定格出力
点検頻度 点検内容
自身での
簡易定期点検
点検対象機器全て 点検対象機器
全て
3ヶ月に
1回以上
  • 目視確認による
  • 1.異常音・異常振動
  • 2.外観の損傷
  • 3.摩耗及び腐食その他の劣化
  • 4.錆び
  • 5.油漏れ
  • 6.熱交換器の霜の付着の有無
  • ※冷蔵機器及び冷凍機器の場合、上記項目に加え庫内温度の確認
有資格者による
定期点検
エアコンディショナー 50kW以上 1年に
1回以上
有資格者が実施
7.5~50kW
未満
3年に
1回以上
冷蔵機器及び冷凍機器 7.5kW以上 1年に
1回以上
  • 目視確認等
  • ■直接法
  • 1.発泡液法
  • 2.電子式漏えいガス検知法
  • 3.蛍光剤法(メーカー承認が必要)
  • ■間接法
  • 蒸発圧力、凝縮圧力、圧縮機・駆動原動機の電圧・電流、過熱度、過冷却度等が平常運転時に比べ、異常値となっていないか計測器等を用いて点検する。

以下のような場合ご注意ください

以下のような場合、管理者(ユーザー様)に罰則が科せられます。
Copyright(C) Air Tech Inc. All rights reserved.